読経

散骨のメリット|故人の希望する場所へ還る

希望のスタイルで行う

数珠

多様化が進んでいる

現代の葬式はいろんな種類があります。一昔前は決まった形で行うことが日本では一般的でしたが、世界で行われているものの中には、宗教や趣味によって多様なスタイルが進んでいます。その影響もあってか、日本でも様々なスタイルの葬儀を行うことができます。また、生前に希望の葬式を伝える人もいます。
日本で馴染みの深い葬式といえば一般葬と家族葬です。親類や同僚など参列者を集めて自宅や、葬儀場で行うことになります。幅広い交友関係がある人や、盛大にしたい人に適しているものとなるでしょう。家族葬は身内だけで行うものになります。一般的には身内以外の人が参列することはありませんが、身近な友人や近所の人が参加するところもあります。落ち着いた雰囲気で、故人を送り出したい人に向いていると言えるでしょう。

個性的なスタイルがある

最近は一般的な形式ではなく、日本でも海外のように個性的な葬式をする人が増えています。亡くなった人を送り出すのは悲しいことではありますが、楽しく送り出したいと思う人が多くなっています。例えば、音楽が好きだった人は、自分の大好きな曲を流してほしいと希望する人もいますし、バンドや楽団に依頼をして演奏を希望する人もいます。またお別れ会と称して、ホテルやレストランで食事をしながら葬式を行うこともあります。葬式と聞くと暗いイメージを持ってしまうことがありますが、お別れ会では明るい雰囲気で故人を偲ぶことができます。